ibuku blog

長月 おしながき

2018.09.07

9月に入り、夏のお品書きから一転。

秋を味覚で感じられる素敵なお料理が完成いたしました。

 

秋野 ~萬燈会~
宮島の大聖院で9月に行われる、神仏に供える灯(燈明)を供養する儀式があります。
それを今回、料理で再現いたしました。

 

割鮮 ~新鮮盛り合わせ~

旬の新鮮な瀬戸内海の魚を捌き、盛り合わせにしております。
毎日内容は変わります。
視覚でも楽しめるお料理です。

 

かほり ~穴子石焼き、酒盗仕立て~

夏のお品書きにもございました、こちらのお料理。
お客様自身に焼いていただくスタイルが大変人気で、秋も継続して行います。
穴子の甘みと、酒盗の香りが口だけでなくお部屋にも広がり、
まさに五感で楽しめる逸品です。

 

〆 ~鰻生姜煮おこげスープ~

お食事の〆の逸品。
秋に脂が乗る鰻を使用しており、おこげと共に土瓶出汁をかけ、
崩しながらお召し上がりいただけます。

肌寒い時期になります。そんな時期の食事の〆にはぴったりな
温かくホッとする逸品です。

 

他にも秋を感じさせる料理を揃え、ご宿泊されるお客様を全力でおもてなし致します。

お電話でもご予約を承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

Tel:0829-50-0129

other entry